改善できる | 介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】

介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】

改善できる

現場のデジタル化が遅れる弊害

これらは、簡単な事ではなく非常にデリケートな事柄ながらスピードを求められる。この業務に従事する者の多くが誰しも感じる事のある、もっと簡単に作業出来ないのかと言う壁。これはアナログなシステムの元に従事する人達にとっては、重要であり死活問題でもある。日々作成業務に追われ、息つく暇もなく作業を続けなくてはならないからだ。しかし、介護ソフトによるデジタル化が進んでいる施設に限れば、アナログ作業を行う施設の半分の時間で効率的に性格に作業を行える。就労環境が悪く、書類作成や顧客管理が杜撰な施設は数多く存在する。

デジタル化が進むメリット

現代は非常に便利な社会になった。パソコンなどの革命的な進歩で、非常に多くの人が恩恵を受けている。通所介護事業所においては、その恩恵を仕事面で受けている人と、全く受けていない人の差が激しい。未だに帳票管理や評価報告等を手書きで行っている事業所は少なくない。しかし、介護ソフトの導入を進めて非常に効率的に作業している事業所もまた数多くある。実際通所介護事業では帳票関係の作業が非常に難敵と言える。期限が設定されており、しっかりこなして行かないと実地指導で指摘を受ける。未だに手書きで帳票管理を行う施設は、期限を過ぎる事や顧客管理が杜撰な事はごくごく普通にある。これを介護ソフト導入による、デジタル化の導入で革命的に効率化が進む。需要が拡大し、その中でも比較的利用者が手の出しやすい通所介護こそ、介護ソフト導入によるデジタル化をする必要があるのではないだろうか。

Copyright ©2015 介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】 All Rights Reserved.