選び方がある | 介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】

介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】

選び方がある

介護伝送ソフトをお得に利用する方法

介護保険サービスの提供をしている事業者は、毎月その月に提供した介護給付費を請求しなければなりません。 現在では、介護ソフトを利用して介護給付費を請求する方法が主流となっています。 請求書はISDN回線を使用することになっていますが、介護伝送ソフトには2種類の送信方法があります。 一つは事業所にISDN回線を引いて、介護ソフトで作成したものを送信する方法で、もう一つはISDN回線を引かずにソフト提供会社のサーバーを通して送信する方法です。 事業所にISDN回線を引く場合、初期費用や回線使用料が毎月発生しますが、ソフト提供会社を経由する場合にはこれらの費用が掛からないため、経費を削減することができてお得に利用することができます。

介護ソフトの平均的な費用

現在では多くのソフト会社があり、介護事業に応じた介護ソフトが販売されています。 介護ソフトは大きく分けて設置型とASP型がありますが、設置型の場合はパソコンにソフトをインストールする必要があるので、費用が数万円以上かかります。 小規模事業所の場合は、10万円から20万円程度で済むこともありますが、大規模な事業所だと百万円以上の費用がかかることもあります。 一方、ASP型の場合は、インストールの必要がないので初期費用がかからない場合が多く、月々のメンテナンス料やサポート料なども安いところで数千円、高いところでも数万円程度となっています。 介護伝送ソフトにおいても最近ではASP型を使用している事業者が多くなってきています。

Copyright ©2015 介護ソフトで仕事もスムーズ【ラクラク介護生活】 All Rights Reserved.